カテゴリー
未分類

誰でもまねできる美容法

今回は『酸性食品とケイ素の組み合わせ』
食が血となり肉となる。
私たち生物は毎日の食べ物によって日々新しい血液をつくり、そこから新しい細胞をつくり、健康なからだを保とうとしています。きれいな血液からつくられた細胞=肉=からだは、きれいな細胞として生まれ代わりますが、汚れた血液からつくられた細胞はどうでしょうか…想像できますよね。

からだを老化させないために、まず自分がすべきことは日々の食べ物からつくられる血液を弱アルカリ性=ph7.4に保ち続けることです。


わたしも加工食品や外食中心の20代を過ごしました。 からだの痛み・不調・肌荒れ・抜け毛・爪が割れるなど、悩みがつきませんでした。食べ物の性質や組み合わせを全く知らなかった私が、食に対する意識を少しずつかえて6年。30代の今の方が若々しく元気だなと思います。今はからだの悩みについて考えるのではなく、美の追求をする日々に変化しました
食の選択は人生の選択と教えてもらいました。
今度は私がみなさんに伝えます。
まずはわたしが行っている、この強酸性食品を食べる時は絶対ケイ素と一緒!(画像参照)をまねしてみてくださいね
食とケイ素の組み合わせについてもっと詳しく知りたい方は講習会もしております。お気軽にお問い合わせください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です